子供の顔の産毛が濃い……原因とおすすめの処理方法

落ち込む子供

「子供の顔の産毛が濃い」というお悩みを持つ親御さんは、すごく多いと思います。

ちょっと毛が濃いというだけで人間関係に大きく影響したりするので、出来るだけのことをしてあげたいですよね。

この記事では、子供の顔の産毛が濃くなる原因と対策をご紹介しますね。

子供の顔の産毛が濃くなる5つ原因と対策

子供の顔の産毛が濃くなる原因は、生まれつきの体質や成長にともなうことから、生活の見直しで改善が期待できるものまで、たくさんあります。

遺伝

遺伝による影響はすごく大きいそうです。

親が薄い場合でも、祖父母からの隔世遺伝などもあります。

思春期のホルモンバランスの乱れ

思春期になると、男子は男子らしい体つきに、女子は女子らしい体つきになっていきますよね。

なんでそんな変化が起こるかというと、男性ホルモンや女性ホルモンが活発になるからです。

そして思春期は、ホルモンバランスが不安定な時期です。

女性ホルモンより男性ホルモンの方が活発で男性ホルモン優位だと、女の子にも男性的な毛が生えます。(濃い産毛・鼻の下のヒゲなど)

ホルモンバランスは、成長するにつれ安定していきます。

男性ホルモン優位

ホルモンバランスが乱れるのは、思春期だけではありません。

  • 食生活
  • 運動不足・ストレス
  • 紫外線
なども関係するといわれています。

食生活

納豆

糖分を摂りすぎると男性ホルモンが活発になり、毛が濃くなるといわれているそうです。甘いお菓子やジュースの摂りすぎには注意しましょう。

また、イソフラボンは女性ホルモンに似たはたらきをするといわれていて、抑毛クリームの定番成分です。
摂取することで、足りていない女性ホルモンのサポートをすることが期待できます。

イソフラボンは身近なところだと、納豆や豆腐などで摂取できます。

イソフラボンの1日の目安は40〜50rで、
  • 豆腐(半丁、150g)
  • 納豆(1パック、60g)
  • 豆乳(1パック、200g)
で目安量の大豆イソフラボンを摂取できます。

毎日の食生活に取り入れてみる価値はあると思います。

運動不足・ストレス

スマホ

運動不足だとストレスが溜まり、男性ホルモンが活発になるそうです。

部活動などで運動をしている子は心配ないでしょうが、そうでない子の場合、なるべく体を動かす機会を作ってあげたいですね。

また、スマホもけっこなストレスになると思います。

スマホを長時間操作すること自体もストレスですし、スマホを介した人間関係に常時縛られている生活も、かなりのストレスになると思います。

人間関係が絡むのでなかなか難しいですが、スマホに触れるのは最低限に抑えたいところです。

紫外線
紫外線にあたると、肌を守るために毛が濃くなるそうです。

とくに子供の場合は、大人よりも紫外線の影響をうけやすいといわれています。

子供には外で元気に活動してもらいたいですけど、紫外線対策もしっかりとしてあげたいですね。

子供の顔の産毛が濃い……具体的な対策は?

カミソリ

上の方では、子供の顔の産毛が濃くなる原因と、生活の中で出来る対策をご紹介しました。

ここからは、具体的な産毛の処理方法についてご紹介しますね。

顔の産毛の処理方法はいろいろありますが、メリットとデメリットをまとめたのが、↓の表です。
メリット デメリット
カミソリ、電気シェーバー 安く済む 肌荒れ。乾燥。毛穴の開き・黒ずみ。頻繁に処理が必要
毛抜き すごく安く済む 痛い。面倒臭い。毛穴の開き・黒ずみ
抑毛クリーム 毛が弱くなっていく。肌にやさしい カミソリや電気シェーバーよりは費用がかかる
除毛クリーム 1回でツルツルすべすべになる 肌にダメージがある時は使えない。濃い毛には効果が少ない。頻繁に処理が必要
家庭用の光脱毛器 毛が弱くなっていく。全身に使える 高い。透明な毛には効果が薄い
サロン プロの技術・設備 他の方法よりかなり高い。通うのが面倒。予約が取りにくい

カミソリ・シェーバーは手軽ですが、肌へのダメージは避けられません
子供の頃から使い続けていると、どんどんダメージが積み重なっていきます。
その結果、乾燥・黒ずみ・毛穴の開きなどにつながります。

毛抜きは面倒臭いし、痛いし、毛穴が腫れたり広がったりしますよね。

除毛クリームは、濃すぎる毛には効果を実感しにくいです。
また、思春期くらいだと肌に合わない子も多いと思いますし、肌がダメージを受けている時は使えません。

家庭用脱毛器は、透明の毛には効果を実感しにくいです。
何故かというと、脱毛器の光は色の濃い部分に集まる習性があるからです。
また、ある程度はコントロールできるとはいえ、痛みを感じる場合があるのもデメリットだと思います。

サロンでの脱毛は、費用がかかりますし、通うのが大変、予約が取りにくい、というのがデメリットです。

おすすめは、抑毛クリーム+シェーバー

「抑毛クリームで毛を弱くしつつ、必要に応じてシェーバーで処理」が、肌への負担がなくお手軽なのでおすすめです。

抑毛クリームで毛を弱くしていけば、剃る頻度をゼロにはできませんが、かなり減らせます。
また、ほとんどの抑毛クリームは自然成分がメインで、肌へのダメージを感じにくいです。

剃るのは、カミソリより顔用シェーバーの方がダメージを感じにくいです。

子供に使える抑毛クリーム、おすすめは2つ

イチオシ:『noisu(ノイス)』

noisu(ノイス)

天然成分がメインで、肌にうれしくない成分は配合されていない抑毛クリームです。

  • たんぱく質分解酵素が、生えている毛に働きかける
  • 大豆イソフラボンなどが、女性ホルモンをサポート
  • 脱毛サロンでも注目の成分「フェリニーブ」が、発毛を衰退させる
  • 毛穴引き締め成分・保湿成分で、ダメージ肌をケア
と、いろんな方向から産毛ケア・肌ケアしてくれます。

こちらのページでくわしくご紹介しています。

ご購入はこちらからどうぞ

パイナップル豆乳ローション(鈴木ハーブ研究所)

パイナップル豆乳ローション

パイナップルや大豆イソフラボンなどの天然成分でできた抑毛化粧水です。
肌へのやさしさにこだわって作られていて、小さいお子さんやデリケートゾーンにも使えるくらい、肌にやさしいです。

抑毛だけでなく
  • 毛穴の開き・黒ずみケア
  • キメを整える
  • ハリ・ツヤUP
の成分も含まれていて、産毛・ひげの処理で荒れた肌や目立つ毛穴のケアにもなります。

ただし、皮脂や汚れを落とす目的で、エタノールが配合されています。

こちらのページでくわしくご紹介しています。

ご購入はこちらからどうぞ
TOPへ